二つの側面から考える学資保険のメリット

学資保険は、あまり世間ではなじみのない言葉かもしれない。

しかし、お子さんがいる家庭では比較的知られている保険サービスかもしれない。

学資保険とは一体なんであろうか。

学資保険とは、子供の教育費などに必要となるお金を補助することを目的として、契約した保険料を納めることで、あらかじめ設定しておく教育資金が必要になる時期に給付金としてお金が還付されるシステムである。

主に、祝い金という形で支払われるものである。

では、以下で学資保険のメリットについて説明していきたい。




まず、一番に考えられる学資保険のメリットとしては、単に教育費の積み立てのためだけでなく、契約者や被保険者の身に万が一のことがあった場合に、保障してくれるという面だ。

たとえば、お子さんがけがや病気にかかってしまった場合、保障として一定の給付金が還付されるという特徴がある。

つまり、生命保険や入院保険と同じようなメリットがあるために、この万が一に備えるサービスに魅力を感じ加入する人も多いというのが学資保険の特徴でもある。




また、学資保険のメリットとしては、保険料を納めていることで必要な時期に必要な資金を必ず手に入れることが出来る、貯蓄の側面だ。

生命保険や医療保険は基本的にお金が支払われるのが万が一の時であり、不測の事態であるが、学資保険はこれらと違い明確に何時お金が支払われるということが分かっているため、ライフプランも設計しやすくなるのだ。

この点からは、貯蓄という目的で学資保険に加入することもうなずける。

これら、万が一の時と貯蓄という二つのメリットから加入者を支えてくれるのが、学資保険である。

Leave a Reply